ライオンのラクトフェリンの副作用

安全性が高い成分

ラクトフェリンという成分は、もともとは哺乳類の母乳に含まれている成分ですし、人間の体内で分泌される涙や唾液にも存在している成分です。人間の体内に持っている成分なので、サプリなどで外から摂取してもアレルギー反応を起こすリスクはほとんどなく、かなり安全性が高い成分と言えます。基準が厳しいことで知られているアメリカのFDAからも安全な成分として認可されているので、中性脂肪や内臓脂肪で悩んでいる人なら年齢や性別に関係なく、誰でも安心してダイエットに用いることができます。特にライオンが製造販売を行うラクトフェリンサプリは、製造から販売まですべての工程をライオンが一括管理しているので、安全管理はもちろん衛生管理や品質管理なども信頼できます。長く続けたいサプリだからこそ、安全性が高い成分を信頼できる品質で購入することが大切ですね。

過剰摂取による副作用

どんなに安全性が高い成分でも、サプリは特定の成分が凝縮されているので、うっかり多く摂取してしまうと、過剰摂取による副作用が起こる可能性はあります。ビタミンなど人間が生きる上で欠かすことができない成分でも、過剰摂取すると健康被害を引き起こす副作用が心配なものもありますが、ラクトフェリンの場合には過剰摂取しても大きな副作用が起こる心配がほとんどありません。ただし、ライオンのラクトフェリンは胃酸で溶けずに腸内に確実に届いて作用するので、過剰摂取してしまうとお腹が緩くなってしまうなどの症状が起こる可能性があります。ライオンのラクトフェリンは、一日3錠が目安となっているので、今すぐに痩せたいからと言って過剰摂取しないように気を付けましょう。

トイレでスッキリできる習慣がつく

慢性的な便秘で悩んでいた人にとっては、ライオンのラクトフェリンを摂取することによって腸内環境が改善され、これまでなかなかスッキリできなかった人でも無理なく毎日トイレでスッキリしやすくなります。スッキリすることによって腸内の毒素なども排出できるので、ラクトフェリンを続けることで体内環境がどんどん改善できるはずです。