ラクトフェリンはこんな成分

哺乳類の母乳に多い成分

ラクトフェリンは、哺乳類の母乳に多く含まれている成分で、たんぱく質の一種です。人間の体には全身のあらゆるところに存在している成分で、涙や鼻水、唾液など身体から分泌される液のほとんどにはラクトフェリンが含まれていると言われています。その中でも特に母乳に含まれている量は多く、母乳を飲む生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、免疫力を高めて細菌やウィルスなどへの感染を予防する役割を持っています。

赤い成分

ラクトフェリンは、1939年のデンマークにおいて発見された成分で、発見者であるゼーレンセン博士は、牛乳の中に赤い色をしたたんぱく質成分がある事を見つけ、そこから研究していき、その赤い成分は鉄と結合する性質を持つたんぱく質であることを突き止めます。たんぱく質を表す「ラクト」と、鉄と結合するたんぱく質「フェリン」をつなげて、ラクトフェリンという言葉が誕生したわけです。現在では、この成分について世界中で研究が行われていて、健康食品としての効果はもちろん医療業界など多くの分野で研究が進められています。

免疫機能の改善効果

ラクトフェリンにはたくさんの効果がありますが、その中でも以前から注目されていたのは免疫機能やNK細胞を活性化することによってガンを予防したり、抗菌作用や高ウィルス作用によって歯周病の進行を抑制するなどの効果です。この成分に内臓脂肪を分解する働きを持つリパーゼ酵素の分泌を活性化する働きがある事を発見したのは実はライオンが世界で初めてで、それも歯周病予防のための研究を行う中で、偶然に発見された賜物だったようです。内臓脂肪に直接働きかけることができるラクトフェリンが持つダイエット効果は、現在では世界中で注目されていて、様々なダイエットサプリなどにも配合されています。そんな中でもたっぷり300mgが入ったライオンのサプリなら、内臓脂肪をスッキリ解消してお腹をペタンコにしたい人にぜひおすすめです。