科学的に効果が実証されているライオンのラクトフェリン

内臓脂肪とは

生活習慣病の原因になりやすいと言われている内臓脂肪は、お腹のあたりにつく脂肪のことで、皮下脂肪のように表皮に近い部分につくわけではなく、内臓や骨格に近い体の中心部分に集中してつくのが特徴です。内臓脂肪は内臓器官の機能低下の原因にもなりますし、血管を圧迫して心筋梗塞などの原因にもなってしまい、生活習慣病の原因となりやすい脂肪です。この脂肪は基礎代謝の低下に伴ってつきやすくなるため、年齢を重ねることでつきやすくなってしまいます。

科学的に効果を証明

脂肪を代謝する働きを持つラクトフェリンをたっぷり含むライオンのラクトフェリンは、世界で初めてその効果を科学的に証明したラクトフェリン系サプリとしても人気があります。実際にこのサプリを毎日飲み続けて他の生活習慣や食生活を一切改善しなくても、8週間飲み続けると内臓脂肪面積を平均12.8?低減することができるというデータがあり、サプリだけの力で生活習慣病の原因を確実に改善できることが分かります。もしもサプリを取りながら、食生活や生活習慣を少し工夫することができれば、さらに大きな効果が期待できることは言うまでもありません。中性脂肪は短期に燃焼分解されやすいタイプの脂肪なので、短期間で大幅ダイエットすることも可能です。

ライオンならではの研究

日本で有数の医薬品メーカーとして知られているライオンでは、ラクトフェリンの研究を10年以上行っていて、このサプリが発売された後も研究が続けられ、改良や改善に積極的に取り組んでいます。ラクトフェリンが持つ内臓脂肪低減作用を世界で初めて実証できたという実績に胡坐をかくのではなく、さらに消費者の満足度をアップするためのあくなき研究が続けられていることは、さすがライオンと言えるのではないでしょうか。発売開始から現在まで145万人以上が愛飲してきた健康サプリは、現在でも多くの人がリピーターとして続けていますし、高い満足度を誇るサプリとしても人気があります。